« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月28日 (日)

は~るよ来い、は~やく来い。

ここのところ真冬並みの寒い日が続きます。

あ~、穏やかな春はいつ来るのだろうか?

毎年この時期は、暖かくなったな~と思ったら、突然裏切られ、そしてまた暖かくなり、そうこうする内にいつの間にか気温のことなど気にしなくなってしまう春が訪れているものなのだが、今年は、この裏切られ方がちょっとひどいような気がします。

さて、本日は夕方から用事があるため、軽くいつもの練習コースを走りました。

今日は、裏切られた日、そう、寒い日でしたが、やはり春は少しずつやって来ていて、いつもの練習コースも艶やかになってきていました。

本日のコース

八幡川沿いの木々も花をつけだしていました。

Imgp1392 Imgp1397 Imgp1398 Imgp1399 Imgp1400 Imgp1401 Imgp1404

玄関前を彩るパンジー。

Imgp1405 Imgp1406 Imgp1409Imgp1410

桜の木の下で。

Imgp1416 Imgp1417

水仙、そして石垣のタンポポ。

Imgp1419 Imgp1427

土手に咲いていたこれは、何の花?

Imgp1429

地御前の浜では潮干狩りを楽しむ大勢の人達が。

今日は花の写真を撮りながら走ったので、あまり疲れなかったな~

いつも、こんな余裕が欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月27日 (土)

しまなみ海道往復

先日、22日に、しまなみ海道を往復してきました。

160キロの行程でした。

まずはじめに、始終先頭を走ってくれ、いろいろ案内してくれたきょうさんに、心から感謝の気持ちを伝えたいと思います。

ありがとうございました。

今回のルート

Imgp1325

8時に向島の洋ランセンターで待ち合わせて、橋の割引通行チケットを購入し、糸山めざして出発。

まだ寒いのでウインドブレーカーなど着てました。

Imgp1327 Imgp1329

まずは因島のはっさく屋さんで、お決まりのはっさく大福を食べ、お土産を予約しました。

桜餅は、お店からのサービスです。ありがとうございました。

これも、美味しかったです。

Imgp1330 Imgp1331

生口橋を渡り、瀬戸田で揚げたての岡哲コロッケを食べ、多々羅大橋へ。

Imgp1338 Imgp1339

だいぶ体も温まり、海もなんだか春めいた感じで。

Imgp1340 Imgp1343

大三島橋、大島大橋を渡り大島へ。

伯方島までは行ったことがあったのですが、大島から先は、今回が初めてでした。

Imgp1349 Imgp1350

左手に流れの速い海を見ながら走った後、峠を越えると、バラ園に着きます。

ここで、ドルチェのアイスが食べれるんですね!!

アイスを食べて休憩して、最後の来島海峡大橋へ。

Imgp1359 Imgp1354

長い長い橋の途中で記念撮影を。

昼食は今治の焼豚玉子飯にしようということで、お店に行ってみると、なんと、定休日でした(-_-;)

Imgp1361

結局、今治城前の昔ながらの定食屋さんへ。

Imgp1363

ここ、おじいちゃんおばあちゃんが二人でやっていて、安くて美味しいのよね。

Imgp1365 Imgp1366

昼食後、糸山で橋のチケットを買い、さあ、復路です。

この時点で午後2時を回っていたので、帰りはペースを上げることにしました。

Imgp1371 Imgp1372

ここでも、記念撮影を。

Imgp1375 Imgp1376

糸山公園から大三島の多々羅しまなみ公園まで1時間15分、3時20分に到着。

しばらく、休憩。

Imgp1383 Imgp1387

この公園で、偶然、うえけんさんにお会いし、三人で帰ることに。

この後も、二人に牽いてもらいましたm(__)m

Imgp1388

暮れ行く海を見ながら、5時半過ぎに洋ランセンターに到着。

今日も、楽しい一日でした。

本日のお土産ははっさくではなくて、いちご大福。

Imgp1389

うちの家族ははっさくの苦味が苦手らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

田島、横島、鞆

本日は、LEGONのきょうさん、SHINさん、沢崎さん、そしてショップの店長さんと一緒に、きょうさんの地元、田島、横島、鞆を走ってきました。

本日のルート

Imgp1244

向島、洋ランセンターに車を止めて南下し、海岸沿いを走り、歌港へ。

Imgp1248 Imgp1251

渡船で集合場所の戸崎港へ。

集合後、田島に向けて走り出す。

Imgp1253 Imgp1254

厳島神社の海の中の鳥居。

Imgp1258 Imgp1259

田島に渡る内海大橋。

約90度に湾曲している珍しい橋です。

Imgp1261

横島、横山海岸。防波堤に描かれた絵が面白いです。

Imgp1265 Imgp1266

峠を越えた辺りの景色、春らしくなってきました。

Imgp1269

田島、横島を一周し、阿伏兎観音へ。

Imgp1282 Imgp1284

立派な花をつけた椿がきれいでした。

Imgp1287 Imgp1290

阿伏兎観音の絶景を後にし、鞆の浦へ。

Imgp1292 Imgp1294

鞆の浦は今、雛人形、坂本龍馬で、活気づいているようです。

Imgp1296 Imgp1320

本日のお土産、保命酒店の梅ゼリー。

Imgp1299 Imgp1301

常夜灯や情緒豊かな鞆の町並みを見て、昼食は潮待ち茶屋で。

Imgp1302 Imgp1305

この建物は築300年以上で、もともと櫓屋だったそうです。

きょうさんがお店のご主人と懇意の仲だそうで、破格に安い値段で最高に美味しい料理を食べさせてもらいました。写真はその一部です。

Imgp1306 Imgp1307

昼食後、朝鮮通信使の常宿であった対潮楼へ。

座敷からの景色はすばらしかったです。

何気に置かれていた三猿が妙に気になりました。目は水晶でできているそうです。

Imgp1309 Imgp1310

きょうさんお奨めの地元の和菓子屋、鳴門屋さんで、桜餅、あげまんじゅうを食べました。

これまた、美味でした。

そうこうしている内に時間がなくなってきましたので、戸崎港に向けて帰路に就きました。

Imgp1313 Imgp1316 Imgp1317

今回のコースは、またゆっくりと行ってみたいですね。

鞆の浦も奥行きが深そうで、もう少し探ってみたくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 3日 (水)

極楽寺山

北の方へ行く場合、どこかの峠を越えないといけない。

上りが苦手な僕が避けていた道、極楽寺山に、チャレンジしてみました。

本日のコース

000001 Imgp1194

宮島街道から平良、速谷神社を通って、極楽寺山へ

Imgp1196

そんなに寒くはないけれど、風はきついです。この時は、そんな軽い気持ちでしたが・・・

Imgp1200 Imgp1203 Imgp1205_2 Imgp1207

何とか、山頂へたどり着きました。

登山者の人達も結構いました。自転車で来たのですか、すごいですね、なんて、言われたので、

え~、そんなにきつくなかったですよ、なんて、返答しましたが、嘘です (-_-;)

Imgp1206 Imgp1212

今日のお土産、お守りです。

Imgp1213

Imgp1217

川沿いの道を下って、433号線ヘ。

Imgp1218 

川角にある中華そばへんくつで昼食を。

このそば屋は、人目につかない場所にあり、最近発見して気になっていたので、行ってみました。

Imgp1221

これは、オオサンショウウオの頭です。

1mくらいのでかい奴で、30年くらい飼われているらしいです。

グワ~ンと動いて、その存在に気付かされた時は、ほんと、ビックリしました。

Imgp1219

これは、おでん鍋。

たぶん、このおでんの汁は何年もそのまま使っているものだと思われます。

一見、えっ、なにこれ~、と思いますが、醤油が効いて、美味しかったです。僕は好きです。

Imgp1220

中華そばも、あっさりしているけど、こくがあって、これまた、好みの味でした。

刺身とか、お魚を使った定食もあるみたいで、寄ってみて正解でした。Imgp1224

その後、津田の津保美堂製菓で二重焼きとメロンパンを買い、岩倉温泉のキャンプ場で休憩。

Imgp1226 Imgp1227

雲行きが怪しくなってきたので、先を急ぎますが、向かい風が強くてなかなか思うようにスピードが出ません。

自分の肩越しに流れる景色は、自転車に乗っている時の僕の好きなシーンのひとつです。

Imgp1229

186号線から分かれて、渡ノ瀬ダムに向かう道は拡幅工事がされています。

確かにこの道は狭いが、その交通量を考えると、このような工事は必要なのだろうか?

何とか、極楽寺山に上り、天気ももってくれ、無事帰宅できました。

ひとつ自分のサイクリングロードが増えた感じで、いい一日でした。

最後に、今日の改良点を、

Imgp1230

ヘルメットにスポンジのスペーサーを入れたら、ずれなくなって、ヘルメットの前縁で視界が遮られなくなりました。

このことによって、下りとかずいぶん楽になりました\(~o~)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »