« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

雙津峡温泉、錦川清流線

天気のいい日に、清流沿いを走り、温泉に入って、ビールを飲みながら、輪行で帰る。

この五つの条件を満たす日帰りサイクリングをしたい。

そこで、考えたのがこのルートです。

今回のルート

吉和に行くのには186号線を使っていましたが、296号線の方がいいということを教えてもらったので、五日市、湯来、加計、戸河内、そして296号線で吉和へ、そこから434号線で寂地峡、雙津峡温泉、錦町まで行ってみました。

Imgp2139

五日市、八幡川河口です。凄くいいお天気です。第一条件、クリアですね(^^♪Imgp2142

魚切ダム、放流によって生じた水しぶきで虹がかかっていました。幸先がいいスタートです。

第二条件、清流沿いを走るも、気持ちよくクリアできそう(^。^)

Imgp2145 Imgp2147

湯来から加計までは191号線の対岸を走りました。交通量はほとんどなく走りやすいのですが、路面が少し荒れています。

Imgp2148_2

日曜日午前9時前、加計市街は人通りはなく、猫がいただけでした。

Imgp2152

猫に出会ったせいか、荒れた路面を走ったせいか、戸河内を目前にして、パンク(-_-;)

暗雲立ちこめるが、気を取り直して、修理し、第二条件クリアのため先を目指します。

Imgp2154 Imgp2155 

戸河内からの191号線は赤や黄色の花が咲いてきれいでした。

Imgp2156

さて、いよいよ、本日のメーンイベント、296号線、清流沿いを走る、です。

Imgp2159 Imgp2160

こんな景色、あったんだなぁ~   今まで、知らなかった。

第二条件の清流を走る、クリア\(^o^)/

Imgp2164 Imgp2170

立岩貯水池辺りでは、また違った景色で堪能させてくれます。

Imgp2167 Imgp2176

186号線と比べて、こちらの道の方が木立による影も多くて、勾配もきつくなく、走りやすいですね。そして、何よりも景色がすばらしいです。

Imgp2179 Imgp2180

吉和に入り、186号線を大竹方面へしばらく上り、峠で右折し434号線へ。

すると、冠高原の入り口にひっそりと存在するエレファントスウィーツに出くわします。

ここで、シュークリームを食べました。美味しかったですよ。

Imgp2181 Imgp2183 Imgp2190

寂地峡を通り、20kmくらい川沿いを下っていくと雙津峡温泉です。

Imgp2194 Imgp2195

温泉は、たまたま貸しきり状態で、のんびり入ることが出来ました。

第三条件、温泉に入るをクリア(^_^)v

ジャージ、レーパンからポロシャツとパンツに着替え、すし定食を食べて少し長めの休憩をとり、お土産を物色しました。

Imgp2200 Imgp2203

雙津峡から10kmばかり走ると、今回のゴール、錦町駅です。

Imgp2202

自転車を輪行バッグに詰め、いよいよ、お楽しみのビール。

第四条件のクリアです(●^o^●)

Imgp2205 Imgp2218

錦川清流線、その名の通り清流と緑の中を走ります。

Imgp2222

第五の条件、輪行、クリア(^_^)/~

話が弾みサークルに誘ってくれたハッセル使いの人達、面倒見のいい温泉のおばちゃん、清流線の説明をしてくれた錦町駅の売店のおばちゃん、ありがとうございました。

半日のサイクリングでしたけど、出会いもあり、いい日となりました。

さて、本日のお土産 (重たかったぞ~)

Imgp2231

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

ツールド大山

Imgp2110

ツールド大山、走ってきました。

認定証にあるとおり、大山に親しみ、楽しさと苦しさを体感してきました。

そして、今、私は、大山と自転車をこよなく愛する人となっています\(~o~)/

コース

距離は短いですが、獲得標高は結構あり、平地はない厳しいコースですが、景色は最高に綺麗でした。

Imgp2030

前夜に溝口インター近くのパーキングで車中泊しました。初めての車中泊です。

庄原で飲んだ眠気覚ましのドリンクのせいか、大会前夜の緊張からか、なかなか寝つけませんでした。

5時前には辺りは明るくなってきました。予想と違い、暖かいです。

Imgp2034

プロのカメラマンさんに教えてもらった撮影ポイントで、撮影。

さすが、やっぱり、ポイント、ばっちり、ですね。

起床後、同行のやまももさんが淹れてくれたコーヒーをご馳走になり、軽く食事をし、大会集合場所の大山ホワイトパレスへ移動。

Imgp2041 Imgp2039

仰げば、風に波打つ草原の向こうに大山が、振り返れば、遠く美保湾が、美しい。

非常にいい天気ですが、時折吹く風は冷たく、ウエアーの選択が難しいです。

Imgp2047

アップがてら、近くの丘へ。

別の表情の大山が、そびえています。

Imgp2048

主催者からのブリーフィングが始まりました。

その後、20名ずつ1分間隔でスタートです。

まず、470mほどの標高差を一気に下ります。気持ちはいいけれど、油断できない道でした。

その後の10kmくらいは、短いアップダウンを繰り返しながら徐々に上っていきます。

Imgp2054 Imgp2064

大山を一周するコースなので、色々な角度から大山を見ることが出来ます。

20km過ぎから第一チェックポイントの鏡ヶ成キャンプ場まで上りが続きます。

チェックポイント直前で、右足ふくらはぎがピクッと痙攣しだしましたが、支給されたバナナとどら焼きをほおばりながら、マッサージをするとなんとか回復してきました。

Imgp2071 Imgp2078

第一チェックポイントで、先行されていたLEGONの方々とも合流し一緒に走ります。

標高995mまで上り、標高差700m余りを下り、その後、少し長めのアップダウンを繰り返し第二チェックポイントへ。

足は、踏み込まなければ大丈夫です。負担をかけないように調整しながら走りました。

Imgp2082

第二チェックポイントを過ぎ、ゴールまで上って行きます。暑くて辛い道のりでした。

Imgp2091

最後のこの直線の長い上りは、肉体的にも精神的にもきついです。

Imgp2094

頑張ってゴールした後は、豚汁。

最高に美味しいです。

大会終了後は、お土産プチツアーへ

まずは、大山まきばみるくの里

Imgp2095 Imgp2097

濃厚でまろやかなソフト、早く食べないと解けちゃう。

次はビアレストランガンバリウス

Imgp2099

そして、今回のお土産

Imgp2107

みるくの里のティラミスロールケーキ

Imgp2101

大山Gビール

我が家では、美味しいお土産は、すぐになくなってしまいますが、不評なお土産は僕の胃袋で処理されます。

今回は、処理場まで回ってこず、早くなくなってしまいました。

Gビール、もっと飲みたかったよー(-_-;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)

芋会の夜、二次会、翌日の自転車

昨日は一ヶ月に一度の芋会の日でした。

広島駅近くのお店に各自芋焼酎を持ち込んで、ひたすら芋焼酎を堪能する会、それが芋会です。

メンバーの素性は不明な部分が多く、接点はこの日だけという人も少なくありません。

過去、一次会でダウンすることもありましたが、最近は周りの酒豪たちに惑わされることなくマイペースを維持出来るようになってきました(^_^;)

そして、この日もなんとか一次会は無事通過し、二次会へ流れていきました。

二次会の雰囲気は一転して、白島のバーへ。

Imgp1981

ハイボール

Imgp1984

葉巻

Imgp1983

ラベルがかわいい、ワイン

Imgp1985

ブランデー

夜は深々と更けて、

Imgp1986

広島の締めは、やはり、お好み焼きか~

翌日は日曜参観日、えっ、そんなの聞いてないぞ(@_@;)

当日告げられて慌てて用意をすることになりました。知っていれば、昨夜は深酒をすることもなかったのに・・・・

授業を参観し、思ったのですが、最近の小学生はタメ口で先生と話してやがる、それで、いいのか?

午後は、昨夜のカロリーオーバーを調整するために、自転車で極楽寺山まで行ってきました。

Imgp2004 Imgp2009

アルカディアビレッジの方へ下ったところで、後輪がパンク。

もう少し走る予定でしたが、予定変更して魚切ダムを通って早々に帰りました。

チューブラータイヤの場合、接着性のリムテープを持っていた方がいいのだろうか?

タイヤを外したリムに残っているセメントが新しいタイヤに着くから、少々のことは大丈夫で、走れますと、ショップの人は言うのだが・・・・

不安なので、タイヤ交換後は、走る気が失せてしまいます。

それにしても、ビットリアのラリー チューブラータイヤ 28インチ は、よくパンクするな~

今まで経験したパンクは、すべてこのタイヤです。安いから仕方ないのかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

たたらの森オートキャンプ場(2日目)

2日目(5/3)は早朝から自転車に乗り、単独行動をとらせてもらったのですが、その間、同行者達はホットサンドで朝食をとり、各々、のんびりとしていたみたいです。

ここのキャンプ場のいいところは、アウトドア一辺倒にならなくても、楽しく過ごせることだと思います。

自然とふれあいたい人は山の方で遊べばいいし、あまごが釣れる川もすぐそばにあります。

ちょっとアウトドアが苦手な人は温泉棟でテレビ見たり漫画読んだり出来ます。

また、風が吹き抜ける場所みたいで、今回のように五月晴れの日は涼しい風が心地よく、ボーっとするにはもってこいでした。

P1000950

サイクリング後、温泉に入りさっぱりしたところで、子供達とフリスビーでしばらく遊び、その後は夕食まで、飲みながら風に吹かれていました。

P1000959

夕食は、定番の焼肉です。

この日も、飲んで食ったなぁ~

このメンバーでのキャンプは今回で4回目ですが、皆さんアウトドアに慣れてくれまして、設営から料理、撤収まで僕がいなくてもある程度できるようになってくれました。

というか、アウトドアしたいという僕の我が儘に付き合ってくれているみたいな感じで、おかげで、充実した3日間を過ごさせてもらいました(^.^)/~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

たたらの森オートキャンプ場(2日目):伯備線、大倉山サイクリング

標高650mにあるキャンプ場の昼夜の寒暖差は激しく、朝方の寒さと、うぐいすのホーホピェピョという下手なさえずりと、きつつきのカッカッカッカという木をつつく音で、日の出前に目覚めました。

さて、2日目は、自転車に乗る予定です。

P1000927

日の出を見て、準備して、さあ、出発です。

P1000920

今回のコース

このキャンプ場から大山や蒜山を目指すと、長く狭く危なそうなトンネルを通らなければならないので、新見まで戻って、伯備線沿いを北上することにしました。Imgp1889

田んぼに写り込んだ空は青く、いい天気になりそうです。この時は、まだ、ウインドブレーカを着ていました。

Imgp1894

千屋ダムを右に見ながら新見を目指して長い下り坂を南下して行きます。

Imgp1896

標高差400mを下って行くので、今日一日の幸運をすべて使ってしまったような快適な走行が続きます。

Imgp1898

新見から8号線で、伯備線と西川沿いに大倉山の麓、上石見を目指します。

Imgp1901

川と鉄道と道路が三位一体となったような道が続きます。

Imgp1903 

川には、こんなマーカーがいたる所にあり、釣れそうな雰囲気が漂っています。

Imgp1906

今回最初の駅、足立駅。

Imgp1912

谷田峠を越えて、鳥取県日南町へ、正面に大倉山が見えます。

今回、岡山ー鳥取の県境を越えたことによって、この9ヶ月の間に中国5県と四国の愛媛、香川県に、一応自転車で入ったことになります。

自宅の近所を走っていた頃とは、比べようがないくらい行動範囲が広がりました。MIXIやLEGONで知り合った方々のおかげだと思います。深く感謝します。

日南町に入って、しばらくは伯備線とは離れ、大倉山の周りを反時計回りに走りました。

Imgp1921_2

南から見た大倉山

Imgp1925

遠くに見えるのは道後山ではないでしょうか?

Imgp1926

大倉山の裾野を周回する道には、こんな立て札もありました。マラソン大会があるようですね。

Imgp1929

北側から見た大倉山

Imgp1930

まだ、桜が咲いています。

Imgp1937 Imgp1944

大倉山の麓を半周して再び伯備線と合流し、黒坂駅を目指します。

Imgp1945 Imgp1951

上菅駅で一休み。

その後、峠を越えて、再び大倉山を周回する道へ向かいます。この上りはきつく、根を上げそうでしたが、

Imgp1955

こんな写真の文字もあり、なんとか乗り越えました。

Imgp1959

上石見駅を過ぎ、岡山県との県境、桑平峠へ向かいます。

標高820mのこの峠への上りも苦しかったですね。

Imgp1961

峠を越えれば、キャンプ場は目の前です。

天気は良く、気温もどんどん上がり、最後は半袖半パンでも暑いくらいでしたヽ(^o^)丿

キャンプ場に帰ってからの様子は、また、明日にでも・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

たたらの森オートキャンプ場(1日目)

今年のゴールデンウィークもキャンプへ行くことに\(~o~)/

ここ数年間は、たたらの森オートキャンプ場を利用させてもらっています。

このキャンプ場は新見千屋温泉いぶきの里の施設内にあり、温泉、無料休憩室、ふれあい広場(グランド)、スキー場等が併設されていて、老若男女を問わず便利に利用することが出来ます。

P1000940

温泉棟

この中には無料休憩室、土産物売り場、マッサージコーナー、漫画コーナー、レストラン等があります。

新見千屋は千屋牛の産地として有名で、このレストラン内でもステーキ等が食べれます。ただし値段は結構するみたいですが・・・

また、漫画コーナーにはかなりの蔵書があり、大山のミルクを使ったソフトクリームを食べながら漫画を読むことが、子供達の楽しみみたいです。

また、ここで買える新見しょうざん堂のわらびもちも、とても美味しいのですが、残念ながら詳しい資料がありません。

Imgp1886

温泉棟(右奥)と宿泊施設(左手前の建物)

P1000938 

ふれあい広場

天然芝のグランドでサッカーゴール、ラグビーのポールまであります。P1000939

いぶきの里スキー場のゲレンデ

冬季以外は利用価値がないのでもったいない感じがします。MTBのダウンヒルとか出来るようにしたらどうだろうか?

P1000941

スキー場のゲレンデになっているところに製鉄場の跡地(たたら跡)があったみたいです。

もののけ姫に出てきたような物があったのだろうか?

さて、今回のキャンプは2日、3日、4日の二泊三日でいってきました。

P1000900

キャンプ場に着く前に和牛レストランふゆさとで、昼食を、とは言っても、肉はとても高いのでカレーと肉うどんとふゆさと定食の廉価トリオで我慢してもらいました。

P1000907 P1000908

廉価ではあるけれども、この中に使ってある肉はとても美味しく、写真を撮り忘れた肉うどんは、値段は高めではあるけれども、いい味をしていました。P1000909 P1000923

設営が終わり、食事の準備へ

1日目は、

ビーフジャーキー、チーズ、練り物の燻製で、酒をガバガバ飲み、

P1000942

肉と野菜の炒め物で、繋ぎ、

P1000916

そして、鶏の丸粥で締める予定・・・

P1000919

でしたが、燻製あたりから酔っ払ってしまい、翌日、つぎはぎだらけの記憶をたどる羽目になったのでした(-_-;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »