« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月29日 (金)

しまなみ リモーネでパンの会

7月27日、水曜日、しまなみへ行ってきました。

今回は、komaさんGitaneさんと、それぞれ病後、事故後、初めてお会いできるということで、楽しみにしていました。

そして、この日の本当の目的は、ポタで大三島のリモーネまで行き、自家製パンの試食ということでした・・・・・・

しかし、県代表選手が二人も加わったこの日の水曜会は・・・

果たして、どうなるのか~? 

この日のルート

平均スピード27.1km、平均ケイデンス86rpm。

これ、どちらも自己最高じゃないだろうか?

だから、ほんと、水曜会は楽しいです(-_-;)(笑)

向島、洋らんセンターに続々と集まるサイクリスト、水曜日なのに・・・・

Dvc00238

まずは、土生港で開店前のイカ焼き屋さんを急襲。

おばさ~ん、美味しいイカ焼きをありがとうございました。

ここのイカ焼きは本当に美味しいです。しまなみへ行ったら外せないお店となりました。

Dvc00239

さて、次は餅菓子の「かしはら」

Dvc00242

上の焼酎も気になりますが(笑)、なんと言ってもこの日は、

菊みかん大福

Dvc00243

これ、全部試食で出してくれました。ただです。

お店の人の気風の良さに感謝です。

ジューシィーですっごく美味しい!!  もちろん、もう一つ買って食べましたよ(●^o^●)

多々羅公園まで、移動は迅速に!!

上りのアタック、平地の2列ローテーと鍛えられます。

Dvc00244

写真は、ちょっとお疲れ?

そんなわけないよな~、この人達は・・・・

大三島を1/3周して、リモーネへ。  この大三島1/3周もさまざまなバトルが展開され、もうヘロヘロです。

Dvc00245

リモーネの2階には、美味しいパンたちが用意されていました。

Dvc00246

ブルーベリー、レモン、はっさく、くるみ、レーズン、トマト、かぼちゃ、などなど。覚えきれないほどのパンが・・・

そして、ジャム、オリーブオイル、お茶・・・・    

ありがたいことに、すべて、無料です。

どれもこれも、それぞれの素材の味が適度に確認できて、すっごく美味しいです。

素材の味はちゃんとするけど、それはあくまで脇役であって、主役はパンなんだぞ~というバランスが絶妙で、素晴らしいと思いました。

Dvc00247

今回立ち寄った3軒のお店は、どちらかといえば、しまなみの観光名所からは外れた場所でしたが 、それぞれ個性を持った人情味あふれる所でした。

まだまだ、奥深いですね、しまなみは。

この日は8時間ほどみんなで遊んでいましたが、走行時間は3時間半くらいで、ある意味ポタリングだったのかなぁ~?

今回のようなメリハリのあるサイクリングもいいもんですね。

そして、なによりも嬉しかったのは、平均ケイデンスが90に近づいたことでした(^_^)v

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年7月19日 (火)

NOKO基礎練習会

7月17日、日曜日NOKOの基礎練習会に参加してきました。

こんなふうにさらっと書くと、いとも簡単に参加してきたみたいですが、実際は自分の中で紆余曲折ありまして、参加するまでに、結構、一大決心を必要としました。

そもそも、NOKOの練習会は何年も前から気になっていたのですが、その参加へはハードルが高いような気がしてなかなか踏ん切りがつきませんでした。

元来、引っ込み思案な情けない性格の自分が、こんな練習会に出たこと自体特筆すべき出来事だと思います。

昨年末の福山での山サイ以後、色々な方々にお会いでき、たくさんの刺激を得たことや、NOKOのメンバーの中にるさきさんがいらっしゃったことが、精神的なハードルを下げてくれたみたいです。

練習会は、大野IC奥の神社前から津田の市民さいき図書館までの約40kmを、ゆっくりと走行します。平地で18km/hくらいの速度です。ゆっくりペースなので、老若男女を問わず、経験の多少にかかわらず、ついていけそうです。

しかし、この何でもなさそうな練習会が僕にとっては結構きついものとなりました。

低速でケイデンスを維持することが難しいのです。軽いギアでくるくる回転させることがこんなに難しいとは思いませんでした。現在、太腿の裏の外側からお尻にかけて筋肉痛で、えっ、なんであれくらいで筋肉痛?、とちょっと驚いています。

また、低速ゆえに自転車のコントロールが難しく、追い越し練習時の左右のバランスなど気を使いました。

途中、インナーローでのフリー走行があったのですが、おしりが浮いて全く回せません。上手な人はびゅんと回して凄い速さで走っていきます。

う~む、やっぱり、ケイデンスって大切なのね。

練習後、仲西さんにアドバイスを頂きました。

  1. ハンドルに体重がかかりすぎて、肩が窮屈になっている。
  2. 上りでハンドルを押している。引くようにしないといけない。
  3. ハンドルが低いのかも、サドルの位置が少し高いのかもしれない。

この三つのことは、最近少し気にしていたことで、どうしたらいいものかと迷っていたのですが、ピタリと言い当てられてしまいました。もう迷うことなく改善していくことにします。

残念ながらハンドルの低いのは直せないけど・・・、腹筋を鍛えます^_^;

これらを改善すれば、きっと今よりも上手くなれると思います。頑張ります。

また、来週もこの練習会に行ってみたいと思います。そして、ありがたいアドバイスを頂戴してきます(>_<)

練習会の後は、るさきさん達「じじのこ」の方と行列のできるラーメン屋「ふじもと」へ。

Dvc00233

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月15日 (金)

芸北、掛頭山

7月13日、水曜日、芸北へ行き掛頭山に上ってきました。

今回のルート

ホワイトバレー松原を過ぎて峠のトンネルを越えると、芸北へ来たぁ~という気になります。そこから少し下ると、写真の山清水が湧いています。

Dvc00215

そんなに冷たくはないけど、一息つけます。頭からぶっかけると、気持ちい~です。生き返ります。水をたっぷりと補給して芸北、北広島町へ走ります。

Dvc00216

気温25度、風が涼しいです。

メカニカルピットでオーバーホールしてもらった自転車は、生まれ変わりました。すっごくいいです。こんなに良くなるものなのかと驚いています。近所にこんなショップがあったことに感謝しなくては・・・

Dvc00220

乗り手の方は、五十肩なのか、左の肩甲骨辺りが痛くて・・・・ こちらもオーバーホールしたいものです。

雄鹿高原スキー場近くの定食やさんで、少し早めの昼食をとりました。

ラーメン定食、完食で~す(笑)

Dvc00221

想像してください。

しょうゆとんこつラーメン、ごはん(ふきのとうの味噌付き)、冷奴、山菜の酢の物、漬物、美味しかったです。次回からもがっつり食べるときは、このお店に決定です。

麓にあるニ川キャンプ場で休憩した後、掛頭山へ上っていきます。斜度はたいしたことはないのですが、回せる分かえってしんどいです。

しかし、やっぱり芸北の山は怖いですね。鳥の鳴き方にして違いますから・・・ジャングルの中みたいで・・・・(こわっ)

熊に注意してくださいとかの立て札を見ると、ゾッとしてきます。

それと、虫。

小さな虫が何匹もまとわり付いてくるので、辟易してきます。

そんな困難を克服して(おおげさ)、頂上へたどり着くと、

Dvc00222

気分は最高。景色がよくて、吹き抜ける風が、気持ちいい~

しばらく、風に吹かれて疲れを取り、下山。次は臥龍山へ行く予定でしたが、虫と山の怖さに参ってしまった臆病者は、聖湖へ目的地を変更してしまいました(笑)

途中、浸命水で水を補給。

Dvc00225

八幡原公園、かきつばたの里への道を間違えてしまったのは残念ですが、浸命水で補給できたから、良しとしましょう。

R191から聖湖へ。

聖湖周回の道は適度なアップダウンがあって気持ちよく、比較的高速で走れます。

Dvc00226

この道、好きだなぁ~

Dvc00228

聖湖、手前にかきつばたが群生しているのですが、写真では分かりにくいですね。

再びR191に戻った頃に霧雨が。この日芸北は曇り空で、時折、薄日が差していました。掛頭山頂上では晴れていたので、幸運でした。この霧雨も火照った体が冷める頃には止んでくれました。

Dvc00229

前方に深入山が見えてきました。さぁ、南へ帰りましょう。

南下するにしたがって、気温が上がり、日差しもきつく感じるようになってきました。

Dvc00230

暑い、そんなに食べてはダメよと言う天使の囁きも無視して、休憩するごとにアイスを食べ、

Dvc00231

ボトルの水をかぶりながらの帰路となりました。

これから暑くなると、自走で行くか車をデポして行くか、迷いますね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月 8日 (金)

芸北

7月6日水曜日芸北へ行ってみました。

大気の状態が不安定で、予報では午後から天気が崩れるらしい。、空模様を気にしながらの走行となりました。

出発時は曇りです。

薄日が差してきました。湯来町は、稲の成長が著しい。

Dvc00201

R191を走ります。

晴れてきました。 だんだん暑くなってきます。

この日はトマシーニのクロモリです。

Dvc00202

以前から気になっていた、この看板、「神楽の里」

Dvc00204

ちょっと調べてみました。

島根県は日本神話発祥の地ということで特に神楽がさかんです。その影響を受けて、隣の県の広島県北部も神楽がとても活発な地域です。このあたりを芸北(げいほく)地区と呼ぶので、ここで演じられる神楽は「芸北神楽」と言われます。

広島の神楽は大きく五つに分類され、芸北神楽はそのひとつらしいです。

起伏に富んだ高原の道を走ります。涼風が気持ちいいです。

Dvc00206

まだいい天気です。

こんな幟を発見。

Dvc00207

そうだ、アイスだ、芸北ドルチェへ寄り道しよう。

しかし、急変、暗雲が垂れ込めて、風が強くなってきました。アイスは諦めて、帰路を急ぐことにします。

芸北文化ランドを越えたあたりからの川沿いの道は、狭く路面も荒れ鬱蒼としているので、雨の日には厳しいですね。今回は、何とか、降り出す前に通過することができましたが・・・

次回は、晴天の日にこの道を走りたいです。

結局、加計から2時間程度、雨中の走行となりましたが、どうってことないですね~(嘘)(-_-;)

前半は、強い日差しの中、ボトルの水を浴びながらの上り、後半は、雨で寒さに震える下りという一日中濡れっぱなしの悪条件の走行となりましたが、また行きたくなる場所ですね、芸北は。

ただし、交通量の少ない場所だけに、単独で行動する場合は天候等に充分配慮することが必要みたいです。

今まで、戸河内、吉和辺りまでしか足を伸ばしてなかったのですが、今回の印象から、この夏は芸北に通う回数が増えそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月 5日 (火)

pedal damn it

Dvc00199

以前、何かで読んだことがあったが、すっかり忘れてしまっていた・・・

たしか、アメリカ的なジョークが自転車に書かれていて、

苦しい時に頭が下がり、視野にその文字が入ってきて、クソッと奮起するといった内容だったような?

その文字、 pedal damn it  が新しいバイクに書かれていた。ビックリ。

フレームを手に入れ、数日前から組み立てていたのだけど、作業中はそんな事に気付かないで、文字というよりは模様のように捉えていた。

ところが、今朝、試乗がてら公園の築山を上った際、こけてしまい、くるっと半回転したハンドルを直している時に、初めてこのことに気付いた。

畜生~、こけちゃった~、(-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »