« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月30日 (月)

山サイクリング・動画付き

1月25日、水曜日、山サイに行ってきました。

今回はContour Roamを持参して、動画に挑戦してみました。

とりあえず、その動画は、こちらです。(長すぎて退屈かもしれませんが・・・)

前半は僕が撮ったのですが、カメラのセッティングが下向きだったのと、技術的に未熟で視線が下に行ってしまい、いい画が撮れていません。

後半は沢崎さんとGitaneさんが撮ってくれました。

これは上手く撮れていましたが、被写体が僕のことが多いいので、いまいちな画になってしまいました・・・

やはり、撮影する人のライディングテクニックが非常に大事ですね。

ちなみに、沢崎さんと撮影を交代した後、僕は転倒してヘルメットを強打してしまい、彼が撮影の交代を申し出てくれなかったら、カメラは壊れてしまっていたかも・・・(^_^;)

Contour Roam、英語版は、最近、値段がグッと下がってきています。

しかし、説明書は大雑把なので、アップできるまで結構苦労しました。

あらためて見直すと、動画はやっぱり面白いですね~、自分の欠点もよく分かります。

さて、今回の山サイも、Manabuさん、沢崎さん、Gitaneさんに助けられながら、無事帰って来れました。ホッ、<(_ _)>

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年1月19日 (木)

山サイクリング

1月18日水曜日、MTBで府中市の山に行ってきました。メンバーは、Gitaneさん、沢崎さん、komaさん、そして僕で、サラブレッドの中にロバ(僕)がいるようなもんですが・・・(-_-;)

こんな僕は、この日も、山に入る前から天然でボケて、落車してました。なにやってんだろうね(笑)

同行の皆さん、ずっと最後までありがとうございました<(_ _)>

さて、今回の山の高度表はこういった感じで、

Per

横線が250mごとだから、350mと500mくらいの山を上って、下ったことになるのかな。

どちらの山も走りごたえ走れない部分がありました(悔し~)

今回は、ついていくので精一杯で、写真なんてそんな余裕はありませんでしたが、

Dvc00220

この日、唯一の写真が、これで、二番目の山頂辺りからの眺めです。

この山からの下りは、いつまで続くのかと不安になるくらい長い下りでした。すごく面白かったですが、脚が攣っていたので辛くもありました。精神的にも肉体的にも緊張しまくりで、久しぶりに本気で汗かきました。

やっぱり、これが水曜日会ですかね~

今回から、タイヤを替えてみました。

いままでのNotubes Raven 29x2.2はグリップしないとkomaさんに指摘されたので、Schwalbe Nobby Nic Snakeskin Folding 29x2.25に変更してみました。

29

グリップはとてもよくなり、下りやすくなりました。

オンロードでも回転がよく、Ravenよりも軽い感じさえします。しばらくは、このタイヤでいってみましょう。

まぁ、でもね、いくらいいタイヤでも後傾で後輪をロックさせていたら駄目だと言うことが分かりました。今回の山サイで、ブレーキングの方法を少し掴みかけたような気がします。今更ですが・・・

しかし、掴みかけるまでに、いったい何十回こけたんだろう?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

初乗り

寒くて、寒くて、なかなか乗る気になりませんでしたが・・・

まぁ~、ついに今年初めてのロードです。

随分と、ロードバイクは久しぶりでした。でも、たったの65kmの初乗りでしたが・・・(-_-;)

Dvc00165

昨年末に、エルゴパワーの修理とハンドルおよびステムを交換して、本日が二度目のライド。

とはいても、まだ150キロくらいですが、1cm延びたステムはいい感じです。

ハンドルは下ハンの時のブレーキ操作が、冬用グローブではしにくいですが、指きりのグローブでは大丈夫でしょう。

エルゴパワーが直ったことが、なんと言っても嬉しいですね。

ダンシング時等で、トップ側に不意に落ちていたのが解消され、確実に変速できるようになりました。

予期せぬ時に、勝手ににシフトされるので怖かったんですよ。

Dvc00161

まだ、雪が残っていました。

しばらくは、北はダメですね~

島に、行きましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

A HAPPY NEW YEAR

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »