« 2018年6月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月29日 (水)

おっさん達の夏休み *キャニオニング*

ここ数年の夏は、学部が異なった大学時代の友人たちと旅行を楽しんでいます。

今回は、ダブルで発生した台風の中、四国へ行ってきました。

まずは、今治で焼き豚卵飯。

1

白楽天という人気店で、行列ができていました。

途中、サイドミラーが壊れるというアクシデントに見舞われ、天気も雨に変わってきました。

2

5時間くらい車を走らせ、雨の中、宿泊地である四万十川河口の「山みず木」に到着

この頃から、翌日に予定されているキャニオニングに不安の声が上がりだす。というか、天候にかかわらず、出発前から60を前にした我々にとっては、今回の旅行の最大の不安要素だったのだが、このキャニオニング。

だって、ボートに乗ってではなくて、身一つでの川下りですから。

5

ここで、この山みず木についてちょっと触れておかなければいけないでしょうね。

この受付棟の写真でも感じられるように、怪しい雰囲気です。

クチコミを見てみると、評価1のクチコミが的を射ていて、投稿者の「今まで宿泊した宿の中で最悪の宿でした。もう2度と行く事はないと思います。」というコメントに対する、山みず木側の「パスポートのいらない海外旅行感覚でいらっしゃって頂ければ幸いです。」という回答には笑ってしまいました。

あと、「大きなお風呂も案内してくれたにも関わらず、行ってみればお湯はなし。」、「色んな意味で現時点でこの値段は高すぎです。バックパッカーのような方向けの安宿にした方が良いのでは。」という意見も、もっともだと思います。

でもまぁ、二人くらいが入れる家族風呂で鉄分の多い温泉につかり、古民家というか壊れそうな長屋のようなコテージで、BBQと持ち込みのアルコールで、結構、楽しみましたよ~

3

翌朝は、台風のため風が強く雨模様の天気で、予定されているキャニオニングにさらなる不安が、

4

悪天候のせいにしてキャンセルしたいという雰囲気の中、北へ向かうと次第に晴れ模様に、

6

沈下橋など観光しながら、

7

キャニオニングツアーのグッドリバー に到着

8

いよいよです。軽く練習して、

9

飛び込んだり、

10

打たれたり、

24

下ったり、

13

ドキドキしながらも、とても楽しかったです。

11

慣れてきて面白くなった頃に終了

12

当初の不安をよそに、素敵なガイドのアヤちゃんと

14

機会があれば、また行きたいですね!!

キャニオニングの余韻に浸りながら、道後温泉に移動。

15

後で気づいたのですが、上の写真の本館と下の別館は、形が似せてあったんですね。

16

この日は別館を利用、特別浴室ですよ!

23

昨夜とギャップがありすぎて、この日も最高の気分です。

17

最終日は飛行機で帰る人の時間調整で、まず面河峡へ

18

局地的な雨に会い、清流が濁流に

危険な感じだったので、すぐに引き返しました。こういうのをゲリラ豪雨というんだろうか?!

次に、崖に貼り付いたような岩屋寺へ

19

ここの登りはかなりきつかったです。

21

再び道後に戻り、先ほど消費した分を摂取、

晴れてて暑かったけど、鍋焼きうどん!

松山のソウルフードのだそうです。

20

今回の旅行で再認識させられたことは、ポジティブでいようということかな。

さすれば与えられん、結果はついてくる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月20日 (月)

聖湖ー雲月山

8月19日日曜日

聖湖キャンプ場スタート、今回はシクロクロスでのんびりと走りました。

11

キャンプ場周辺のオフロードで少し遊び、

13

聖湖を周回して、雲月山、八幡湿原を目指します。

12

今回の同行者は、やたらと背中で男を表現したがるO井くん!!

雲月山の峠で、涼風の中、長めの休憩

14

この日の芸北はとても涼しくサイクリングしやすい天気でした。

15

またまた、背中で語るO井くん!!

16

僕も真似してみました~(笑

その後、八幡湿原に行く前の峠で何故かしらハンガーノックになってしまい、最後は這う這うの体で昼食予定のかりお茶屋に到着。

17

美味しく蕎麦をいただきました。

何とか走り切りましたが、運動不足であることは否めないですね。

リハビリします!!

ダイエットも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初めてのソロテント泊

お盆休みに比婆山に行ってきました。

1

初のソロキャンプです。

装備は毎回少なくしているつもりですが、 今回も相変わらず重いです。何とかならないものでしょうか?!

公園センターをスタート して時計回りに 展望園地、 立烏帽子山、池ノ段 、越原越 、御陵 、大膳原(宿泊)、烏帽子山、出雲峠 、公園センターと周回するルートです。

2

展望園地から眺め、この頃はまだまだ元気。

3

池ノ段から宿泊地の大膳原(中央やや左)を望む。この頃ややバテ気味。

烏帽子山からのガレた下りに辟易しながらも、大膳原に到着。

4

テント設営して、

6

高級比婆牛で一人焼肉じゃぁ~、と思ったら、

5

空が暗い雲に覆われ、雷と大雨に。

その前に、設営と食事を済ませることができたのは幸運でした。もう1時間到着が遅かったら、この雷の中を歩かないといけなかったのか、山は怖いな~、なんて考えながら、いつの間にか眠ってしまい、目が覚めたら、そこは満天の星空の下で、久しぶりに澄んだ綺麗な夜空を暫し眺めていました。

吐く息が白くなっていたので、きっと気温は随分低くなっていたと思われます。

7

翌朝は、吾妻山の早朝登山はやめて、のんびりと撤収し、

8

雲に覆われた烏帽子山を経由して、

9

烏帽子山から雲海のようなものを見て、やっぱり吾妻山に早朝登山すればよかったかなと後悔し、

10

公園センターに到着しました。

この県民の森と書いてある岩、45年前に、僕がまだ子供だった頃、家族と来た時にこの岩の前で記念撮影をした、多分その時の岩です。

あの頃は父も母もまだ若かった、そして僕も。

ちょっと感傷的になれるソロキャンプも、たまにはいいかも。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 2日 (木)

2018年7月

7月は、西日本豪雨そして酷暑と、大変なひと月でした。

今回の災害により犠牲になられた方々やそのご遺族の皆様に対して謹んでお悔み申し上げますとともに、被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。
酷暑の中、復旧作業にあたってくださっている方々に感謝し、被災された皆様が安全で平穏な日々を取り戻せるようお祈り申し上げます。
僕はと言えば、自宅、仕事場ともに被害はなかったのですが、JR、高速道路等の通勤手段が断線してしまい、仕事場に泊まり込むことになりました。
当初は復旧の見通しが見えない状態でしたので、いつまでこの仕事場キャンプ生活が続くのか不安でしたが、懸命な復旧作業のおかげで、一週間ほどで高速道路が開通し、JRも新幹線による代行通勤が可能となり、現在は自宅から通勤しています。

1

最近、やっと落ち着きを取り戻してきたので、昨日は久しぶりに自転車に乗ってみました。

2

70km、3時間半の近所のサイクリングでしたが、リフレッシュできました。

さぁ、今日からもまた頑張ります!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年9月 »