登山

2018年9月20日 (木)

剣山一ノ森キャンプ

11

日本一の日の出スポットとの噂もある剣山一ノ森、日の出前の写真です。

今回は、見の越駐車場→剣山→一ノ森(テント泊)→次郎笈といった感じで登ってきました。

リフトの西島駅あたりから三嶺方面の眺望

7

いつものように、テン泊装備での登山はきついです。

剣山まで休み休み登りました。

8

明日の登山予定の次郎笈、その右側遠くに見えるのは三嶺かな?!

昨年は三嶺から剣山まで縦走したのですが、緩いキャンプの楽しさを覚えてしまった今はもうできない気がします。

二ノ森を越えて

23

一の森に着いたら

6

そこは、雲の上でした。

2

日の入りのグラデーション

18

日の出

13

暫し見とれていました。

朝食後、次郎笈へ

14

迂回路を通って、上の写真の向こう側から登ってみました。

15

次郎笈頂上からは、今朝歩いた一ノ森、剣山が見えます。

27

剣山からの下りはリフトを利用して、当夜開催のサイクリングショップアウタートップの宴会に間に合うように帰路につきました。

緩いテン泊登山、最高、ですね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月20日 (月)

初めてのソロテント泊

お盆休みに比婆山に行ってきました。

1

初のソロキャンプです。

装備は毎回少なくしているつもりですが、 今回も相変わらず重いです。何とかならないものでしょうか?!

公園センターをスタート して時計回りに 展望園地、 立烏帽子山、池ノ段 、越原越 、御陵 、大膳原(宿泊)、烏帽子山、出雲峠 、公園センターと周回するルートです。

2

展望園地から眺め、この頃はまだまだ元気。

3

池ノ段から宿泊地の大膳原(中央やや左)を望む。この頃ややバテ気味。

烏帽子山からのガレた下りに辟易しながらも、大膳原に到着。

4

テント設営して、

6

高級比婆牛で一人焼肉じゃぁ~、と思ったら、

5

空が暗い雲に覆われ、雷と大雨に。

その前に、設営と食事を済ませることができたのは幸運でした。もう1時間到着が遅かったら、この雷の中を歩かないといけなかったのか、山は怖いな~、なんて考えながら、いつの間にか眠ってしまい、目が覚めたら、そこは満天の星空の下で、久しぶりに澄んだ綺麗な夜空を暫し眺めていました。

吐く息が白くなっていたので、きっと気温は随分低くなっていたと思われます。

7

翌朝は、吾妻山の早朝登山はやめて、のんびりと撤収し、

8

雲に覆われた烏帽子山を経由して、

9

烏帽子山から雲海のようなものを見て、やっぱり吾妻山に早朝登山すればよかったかなと後悔し、

10

公園センターに到着しました。

この県民の森と書いてある岩、45年前に、僕がまだ子供だった頃、家族と来た時にこの岩の前で記念撮影をした、多分その時の岩です。

あの頃は父も母もまだ若かった、そして僕も。

ちょっと感傷的になれるソロキャンプも、たまにはいいかも。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月24日 (月)

三嶺・剣山 縦走

16日、17日、四国の剣山に行ってきました。
登山計画
09:30 名頃新登山口 - 10:20 1187m地点 10:30 - 11:40 ダケモミの丘 11:50 - 13:20 三嶺 13:50 - 14:35 カヤハゲ(東熊山) 14:45 - 14:55 韮生越 - 15:25 白髪山分岐 - 15:35 水場(1泊)
06:00 水場 - 07:10 1725m地点 - 07:45 中東山分岐 07:55 - 08:30 高ノ瀬 - 09:10 丸石避難小屋 09:30 - 09:50 丸石 - 10:05 スーパー林道分岐 - 10:55 1791m地点 - 11:15 次郎笈 11:35 - 11:50 次郎笈峠 - 12:00 1792m地点 - 12:30 剣山 - 12:35 剣山頂上ヒュッテ 13:05 - 13:25 刀掛 - 13:35 西島 - 14:10 見の越駐車場
高速を降りてからのアクセスが予想以上に時間がかかり、名頃登山口を予定より1時間以上遅れたスタートとなりました。
こんな感じの登山道をひたすら登っていくと、

1_3

三嶺への最後の急峻な岩場に出ます。

2_3

3

谷側に落ちないように緊張しながら上り続け、

4

三嶺の頂上に到着。

6

天狗塚方向、きれいです。

7

宿泊地の白髪避難小屋を目指して、下ったところから、振り返ると、

8

三嶺、きれいですね。

9

白髪避難小屋でテント設営、水補給後、夕飯の準備

10

ノクターンを試してみた。ロウソクくらいの明るさだけど、なかなかいい雰囲気で、気に入りました。

11

白髪避難小屋のキャンプは、設営できる場所が少なく水場へのアクセスが不便で、ぶとなどの虫が多く、あまり快適ではありませんでしたが、星空は最高にきれいでした。

12

曇り気味翌朝、予定より1時間遅れで出発。

13

三嶺がきれいに見える場所らしいですが、あいにくガスの中でした。

14

低いところは晴れているみたいです。

15

尾根をアップダウンを繰り返して歩き、

16

高の瀬に到着。予定より1時間半以上の遅れとなったため、丸石避難小屋で昼食を兼ねた長めの休憩を取り、次郎笈はトラバースし、剣山登頂後はリフトを利用して下山することにしました。

17

丸石から次郎笈を見る。

18

19

次郎笈を迂回し、

20

剣山へ。

23

剣山登山、途中で振り返ると次郎笈が美しい、次回は登ろう!!

24

25

山頂ヒュッテでおでん食べて、下山。

26

見の越登山口から名頃駐車場までは置いていた自転車で名頃まで。

28

達成感がある長い縦走もいいですが、次は一の森あたりでキャンプして、次郎笈周辺を散策するのんびりとした登山をしてみようかなぁ!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年7月12日 (水)

三瓶縦走

梅雨の晴れ間、三瓶山に登ってみました。 

7月16日、17日にテント泊で三嶺・剣山を縦走する予定なので、それに備えてです。

今回は西の原登山口から子三瓶、孫三瓶、太平山、女三瓶、男三瓶と反時計回りに周回しました。

この時期の三瓶山はいろいろな花が咲いて、目を楽しませてくれます。

1

2

3

4

5

6

7

8

10

11

13

14

16

26

出だしの子三瓶からの景色は、

9

ガスの中でしたが、

12

孫三瓶に向かう頃には、ガスも少なくなってきました。

15

太平山でコンビニ弁当の昼食。

17

火口湖の室の内池、三瓶山が火山であったことを彷彿とさせる写真ですね。

18

手前から男三瓶、子三瓶、孫三瓶

20

21

男三瓶頂上は広い草原になっていて、

23

日本海まで見える景色は気持ちよい。

24

25

北の原の三瓶バーガーを食べて、三瓶温泉で汗を流して終了。

27

三瓶山登山は想像していた以上に楽しく、でも、難所も何箇所かあり、侮れない山でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月27日 (土)

ゴールデンウィーク(坊がつる)

5月3日、4日

くじゅう連山縦走、坊がつるテント泊

広島から牧の戸登山口までは車で4時間半ほどかかります。

1

10分も登れば、広島では決して見ることのできない絶景が、早朝出発の寝不足など吹っ飛ばしてくれます。

2

久住別れまではなだらかで開放的な縦走路が続きます。

3

4

5

途中で星生山に寄り道。

6

7

山頂からの尾根のとんがり具合が結構怖い。

8

久住別れから久住山、中岳を登り、稲星山まで行く予定でしたが、時間がなく稲星山は今回は断念しました。

9

10

11

12

13

稲星山を迂回し白口岳経由で坊がつるへ行くことにしましたが、白口岳からの下りがきつくて、下っても下っても、坊がつるまでの距離がなかなか縮まらず、天気も悪化気味で、少し焦りました。

14

キャンプ場の色とりどりなテントを見つけた時は、ホッとしました。

15

設営後、まずはお約束のビール!!

16

テント横で自炊

17_2

残念ながら、夜は雨で、強風でした。

翌朝も雨が残ってしまい、小雨の中、雨が池、長者原登山口へ下山。

18

19

標高が低くなると、次第に青空が見えるようになって、昨日とは違った山の美しさを見ることができました。

20

23

21

坊がつる、また行きたい場所のひとつになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金)

ゴールデンウィーク(比婆山縦走)

ゴールデンウィークは暦どおりの休みしか取れませんでしたが、テント泊での登山が2回もでき、満足しています。

4月29日、30日

比婆山縦走

県民の森公園センターから、牛曳山、伊良谷山、毛無山、烏帽子山と縦走し、大膳原でテント泊。

翌朝、吾妻山で日の出を見て、比婆山、池ノ段、立烏帽子山と、縦走しました。

刻々と景色が変化していくので、とても楽しい登山でした。

いろいろな樹木に会え、

1

2

8

9

いろいろな花を見ながら、

3

4

5

6

そして、もちろん山頂からの景色を楽しみ、

7

宿泊地の大膳原に到着。

10

トイレと水場のあるキャンプ場で、まずは、ビール!!!

11

そして、比婆牛のステーキ丼。

12

肌寒い空気の中、早めの就寝。

14

翌朝は、吾妻山山頂から日の出を見て、

15

16

17

朝食、撤収後、爽快な縦走路を楽しみました。

18

初めてのテント泊でしたが、病み付きになりそうです!

最後にO井さんの動画を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月12日 (月)

広島南アルプス

午後からは予定があったので、マラソン大会のトレーニングがてら、早朝から一人で広島南アルプスをハイキングしてきました。

2

(大茶臼山の展望岩から鈴峯山方面を望む)

広島南アルプスは、広島市内を北西から取り囲むように連なる400mそこそこの山々のことを言います。
その北側にはアストラムラインという電車が、南側にはJRと市電が走っており、その南北を結ぶバス路線も利用できるので、どこからでもアプローチ、エスケープが簡単です。
自分の空いている時間に合わせてコースを選べて便利なので、時々、登っています。
今回は、武田山、火山、丸山、大茶臼山、柚木城山、鬼が城山、鈴峯山とほぼ全制覇してきました。
今回初めてはいたモンチュラのパンツ。
ロゴがうちの歯科医院のロゴと似ています。
廿日市の登山用品店「なかしん」さんが閉店セールで、値引きのさらに半額で売ってくれたものです。

3

長短パン両用ですが、ストレッチ性が優れていて、とても歩き易かったです。

でも、定価ではなかなか購入しずらいですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月16日 (月)

道後山

道後山にハイキング!

詳細は山行記録のページへ

1269mだけど登山口の標高も高いので、近所の里山を上る程度の運動量でした。
でも、景色は1269mの景色でしたよ!!

お手軽ハイキングでした。

Ca3i05810002

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月25日 (金)

シルバーウィーク ~石鎚遠征~ 石鎚山

石鎚遠征二日目は、早朝ストレッチで、焼き鳥の食べ過ぎで重いお腹と、サイクリングの疲れで重い脚をほぐすところからのスタートです。

この日の行程は山レクで見れます。

石鎚山と言えば、鎖場!!

今回の成就社ルートからだと3か所の鎖場があります。

5

上の写真は第三の鎖場、ほぼ垂直です。

こんなの大丈夫かなと思うかもしれませんが、これまでに2か所の鎖場を通ってきてるから、慣れで案外大丈夫なものでした。
そういう面からか、一番目の鎖場が一番難しかったですね。
ちょっと挫けそうになりましたよ、マジで!!

鎖場の迂回路はこんな感じ、

6

右側が崖なので腰がひけてます。

8

山頂、天狗岳

7

全鎖場制覇、無事下山できました、神様に感謝です。

下山後は再び今治に戻り、焼き豚卵丼で〆ました!!!

9

| | コメント (0) | トラックバック (0)